|株式会社生井|木材、合板、住宅設備機器、サッシ、エクステリア、ユニットバス、システムキッチン、床暖房|

qrcode.png
http://namai-zaimoku.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
株式会社生井
〒300-2706
茨城県常総市新石下3662
本社TEL:0297-42-0311
サッシ部TEL:0297-42-2724
FAX(共通):0297-42-4415
-----------------------------------
■木材・建築資材卸売■
-----------------------------------
 
 

アクアフォーム

 

健康な暮らしは、高断熱の住まいから

健康な暮らしは、高断熱の住まいから
 
バランスのとれた食事や適度な運動など、健康的な暮らしを構成する要素はさまざまですが、住環境では、
とりわけ「暑い」「寒い」といった室内の急激な温度変化大きな影響を与えます。
 
室内の温度変化を少なくするためには、住宅の断熱・気密性能がとても重要な要素です。部屋ごとの温度差
が小さい高断熱住宅なら、快適なだけでなく体への負担も少なくすることが可能です。
 
夏冬の光熱費も節約でき家計にやさしい、Co₂の排出が減らせて地球にやさしい、そしてさらには家族皆の
体にもやさしい健康的な住まいを、ご一緒に考えてみませんか。
 
    point
   ★ 住まいの環境性能が高いほど、健康な人の割合が多い傾向にある
   ★ 断熱性能が低い住宅と高断熱住宅では、体感温度に大きな差
   ★ 特に冬場に起こる部屋間の温度差も、高断熱住宅で改善
 

快適室内環境の基準とは

快適室内環境の基準とは
 
冬(暖房期)の室内環境
夏(冷房期)の室内環境
□ 適度な温度は20℃~24℃ □ 適度な温度は23℃~26℃
□ 頭と足元の温度差は3℃以下

□ 頭と足元の温度差は3℃以下
□ 相対湿度は30%~70% (40%を目安に) □ 相対湿度は30%~70%
□ 窓や壁等の表面放射熱の温度差が10℃以下
□ 床表面温度は19℃~26℃
□ 熱をもった天井の表面放射熱の温度差が5℃以下※ ISO(国際標準化機構)ISO7730;1994(E)参考
 

具体的なこと

具体的なこと
  ♦ 冬季に心疾患、脳卒中、肺炎などの
  死亡率は上昇
死因別死亡数の月毎変化をみてみると、12月~1月など冬季に上昇するのが、心疾患、脳血管疾患(脳卒中)、及び肺炎の循環器官疾患です。

   ★ 寒さによる健康リスクと主な死亡要因
       血圧上昇(高血圧性疾患リスク大)   …脳卒中
       肺の抵抗弱体化(肺感染症リスク増大) …肺炎
       血液の濃化(冠状動脈血栓症リスク増大)…心筋梗塞
  ♦ 高齢者は冬季の入浴時に、血圧変動の
 注意が必要
★暖房室から非暖房室へ移動した際★暖かいお湯に入浴した際
★入浴中に血管拡張した際    ★浴槽から出る際  
等が要注意です
  ♦ 英国では、冬季の室内温度指針あり 英国保健省では、健康リスクに対して冬季の室内温度指針が定められ、住宅の最低室温に関する基準がある。英国住宅法でも、基準を満たさない賃貸住宅の貸主に対しては、改修・閉鎖・解体命令などがなされる。(英国住宅法2006年改正)

     ★21℃   昼間の居間最低推奨室温
     ★18℃   夜間の寝室最低推奨室温
     ★~18℃  ▲血圧上昇、循環器官系疾患の恐れ
     ★~16℃  ▲呼吸器系疾患に対する抵抗力低下
     ★  5℃  ×低体温症を起こす危険大
     ★4~8℃  ×集団レベルで観測される死亡増加
            する平均外気温度値
 

そこで対策!

そこで対策!
 
 
アクアフォームで、健康・高断熱の住まいを実現
 
コンパクトな専用車でリフォームもカンタン
 

アクアフォームとは?

アクアフォームとは?
 
「アクアフォーム」とは
 
 
から生まれた画期的な断熱材
 
 
アクアフォームは硬質ウレタンフォームの特性を生かし、
水を使って発砲させます
 
 
イソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する
炭酸ガスを発泡剤として利用することで、
オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない、
地球にやさしいウレタンフォーム素材として開発されました。
 
 
 

現場へ伺います

現場へ伺います
 

どんな効果があるの?

どんな効果があるの?
 
優れた断熱性・気密性
 
静かな住空間・吸音性能
 
換気システムの効率化
 
長期安定で性能を発揮
 

具体的なお話です

具体的なお話です
  優れた断熱性・気密性 複雑な構造の住宅も吹き付けて発砲させるから隙間なく施工できます。
また自己接着力によって強力に接着するので、長期間に亘って優れた気密・断熱性を維持。省エネルギー効果が高く、建物の冷暖房に要する光熱費を削減します。
  静かな住空間・吸音性能 隙間なく躯体に充填出来るため、隙間から入る外部の騒音や内側からの生活音の漏れを抑制します。
また「アクアフォーム」の細かい気泡構造で音をスポンジ状のフォーム内に分散し、騒音や生活音の漏れを軽減し、より快適な暮らしを提供します。
  換気システムの効率化 近年、化学物質アレルギーが頻繁に取り上げられていますが、その原因の一つには換気不足があります。隙間から抜ける空気は「換気」ではなく「漏気」です。アクアフォームは効率的な換気を行うための空気の通り道を確保し、また漏気の原因となる隙間をふさぎます。これによって優れた空気環境を長期間維持することが出来ます。
  長期安定で性能を発揮 「アクアフォーム」は、一定の透湿抵抗により断熱材の内部結露も起こりにくく、耐久性に優れた住まいを実現します。
室内温度差によるヒートショックも起こしにくく、長期間に亘って快適な空間を維持することができます。
 

データ

データ
 
リフォームで検証!
アクアフォームで寒い冬
快適に過ごしませんか?
 
”お手軽リフォーム”住みながら施工OK 
          引越し不要!
 
サーモグラフィー実験で検証!
 
        撮影時間帯の平均外気温:2.8℃
        2011年1月21日 16:30~19:30
        エアコン25℃設定、
        停止後の表面温度を測定(暖房停止後約30分)
 
        冬のキッチン(上)  冬の浴室(下)
        左)従来の建物  右)アクアフォーム施工の建物
 
        施工前と後では約5℃以上の差があり、
        底冷えの原因が緩和されたことが
        明らかになりました
        ※測定値であり、保証値ではありません 
 
検証その②
                  リビング・屋根裏の比較データです
 
           「夏場、エアコンを低めに設定しない
            と暑くて、暑くて・・・」
                                 
           「階段の途中まで上がると
            すでにモワッと・・・。
            2階はサウナ状態で夏はツライ。」
                
                と、おっしゃる方・・・
 
                  長時間冷やされた体は冷え、外気温との
                  差に、いつの間にか負担を強いられてい
                  ます。結果、「肩が凝るのよね」「何だ
                  か寝ても疲れが取れない」と、おっしゃ
                  る皆様に、アクアフォームが、体に優し
                  い素材で快適をご提供します。
 
                  経済的にも優しい事は言うまでもありま
                  せん
 
 
 
施工の様子
              
                   工期は短く、小屋裏・床下リフォーム
                   なら住みながら一日で施工完了です。
                   但し、リフォームの場合、現況により
                   お受けできないケースもございます。
                   先ずはお問合せください。
 

もっとわかりやすく

もっとわかりやすく
 
こんな感じです
( 2015-02-02 ・ 3876KB )
夢ではない現実がココにあります
 

ご存知ですか?

ご存知ですか?
 
こんな感じです
( 2015-02-02 ・ 419KB )
実は色々な番組で紹介されています
 

「アクアフォーム」との出会い

「アクアフォーム」との出会い
 
住宅に携わり100年が過ぎ、時代は流れ
医療の進歩と共に、世界的な「長寿社会」といわれるようになりました。
 
寿命が延びる反面、「要介護状態で過ごす」高齢者の方が多くいる現実。
 
 また冬場になると急にお葬式が増える現実。
救急隊の方によると、「ヒートショック」が原因で入浴中に意識を失ったりして
搬送される方が多いからだそうです。
 
そこで私の親に聞いてみると「ぴんぴんコロリが理想よね」とにっこり。
 元気に趣味や孫との時間を楽しみ、
「人生のご褒美」といえる時間を過ごしてもらうためには・・・。
それに遠くない未来、自分自身もそういう歳を迎えるし・・・。
 
せっかく住宅産業に関わっているのだから、私共が出来ることは何か?
・・・日常の「当たり前」を振り返ってみました。
 
 一日のほとんどを過ごす住宅がもっと快適温度で体に負担をかけないように。
でもエアコンの風に長時間さらせるのはちょっと苦手。
年金生活に電気代も負担だし。
 何かないか・・安心出来る何か・・・。
 
これらを解決してくれるのが「アクアフォーム」です。
 
是非ご相談ください
 
(※ 詳しくはホームページ「断熱改修」をご覧ください)
 
 
株式会社 日本アクアは2013年12月13日
東証マザーズに上場した会社です
 
 
 
 

アクア車

アクア車
 
<<株式会社生井>> 〒300-2706 茨城県常総市新石下3662 TEL:0297-42-0311 FAX:0297-42-4415